ワキガ対策

 

ワキガとは 

 

 

ワキガは汗くさいにおいとは違う

 

ワキガとは、暑い時期や運動時に汗をかいてにおう『汗くさいにおい』とは違った、皮膚のアポクリン腺から分泌する汗が原因で起きる独特の強いにおいです。

 

体臭は誰にもありますが、ワキガは独特のにおいであるため、においに敏感な日本人には、特に気にする人が多い傾向があります。海外ではワキガを体臭の一種として気にしない国もありますが、日本では病気ととらえて治療も行われています。

 

ワキガのにおいは、個人の感覚に違いがあるため一概に表現できませんが、ゴボウのにおい、鉛筆のにおい、雑巾のにおい、といった例えをする場合もあるようです。

 

 

不快で強い独特なにおいのため、本人も気になりますし、周りの人にも嫌な思いをさせてしまうために、デオドラントなどのワキガ対策グッズを使う人や、手術による治療を受ける人もいます。

 

また普通の汗とは違って、アポクリン腺から分泌される汗は衣類に黄色いしみがついたり、汗の量も多くなる傾向があるため、においだけでなく見た目でも不潔感を感じさせてしまいます。

 

 

ワキだけでなく、アポクリン腺のある性器や乳輪からにおいがしてしまう「すそわきが」と呼ばれる症状もあり、女性にも悩みを抱えている人も多くいます。

 

 

 

ワキガの原因 

 

 

アポクリン腺からの汗がワキガの原因

 

ワキガは、ワキにあるアポクリン腺という汗腺からの汗と、皮脂腺からの分泌物の分解が原因で発生します。

 

 

ワキには、アポクリン腺とエクリン線という2つの汗腺がありますが、

 

アポクリン腺からの汗 ⇒ ワキガのにおい
エクリン腺からの汗 ⇒ 汗くさいにおい

 

というように、同じ汗腺から出る汗でも、分泌と分解によってにおいが違ってきます。

 

単純に、汗をかきやすい人がワキガになりやすいとは言えないのは、どちらの汗腺から汗がたくさん出るのかによって違いがあるからなのです。

 

 

ですからアポクリン腺が生まれつき多い人や、アポクリン腺からの汗の量が多い人は、ワキガになりやすいと言えます。

 

 

このようなワキガの原因から考えると、ワキガの対策は、アポクリン腺からの汗の分泌と、皮脂腺からの分泌分をできるだけ抑えるということが大切になってくると言えます。

 

その対策でも不十分な場合には、ワキガを根本的に治療として、アポクリン腺を取り除くという手術もあります。